もっとママライダー

2010年2月 9日 (火)

走りたいなぁ

節分も済ませ、もう今年もはや2月となりました。

毎日通勤で走っていると言っても、自分のスキルアップの為には全く走っていない現実。

そろそろ脳内ライディングではなく、実際に実践をしてみたい。。。。

  

いま一番したいことは股関節と肩甲骨、そして背骨をつかった3軸の実感。

 

例えば、実際に陸上を歩いたり走ったりするときの重心と

水泳などで水中を移動するときにつかう浮心が異なるように

ライディングで使う重心も実生活(陸上を身体のみで)移動するものとは違っているはず。

 

これは乗るバイクによっても異なってくるわけなので

自分が目指しているオーダーメードライディングに関係してくるのでは?

と………。

 

でも自分で実感体言できないとなんの説得力も無いし…。。。。

 

ううううう。

走りたいです。

 

今日はとりあえずオイル交換。

こころなし車両が軽くなった気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

ちいさい前へならえの罪。

小さい前へならえの思い出。

記憶はあいまいだけれども、多分学校の体育で一番に習ったことは

前へならえ。小さい前へならえ、回れ右。

大きな集団のなかのひとりとして効率よく動くようになる為には必要な動作です。

 

ただ。

大きくなって自分で動作を考えた時、

無意識の壁を作っているのはここから始まっているのかもしれない。

なんて、最近思ってしまいました。

 

セットで覚えるこの3動作。

初めてこの動作をした場合、どうしても小さい前へならえでは肩をあげてしまうのです。

距離を測るためには、基準となる前腕が動いてしまってはいけないので

無意識に腕をロックする為に肩をあげてしまうのだと思うのですが

これがある程度身体を使うことに慣れてきた人間ですと、肩が下がったままで出来ているように思います。

肘をまげるということと

肘をまげて腕を固定する為に肩を上げるということがひとくくりになってしまうと

滑らかに腕を動かすことが難しくなってしまうので、分けて考えておく必要がある。

…と、思うのです。

 

で。

ここでお得意の極論

 

肘を曲げた時、無意識に肩を上げてしまうか否か。

そのわずかな違いが結構、スキルの上達速度に影響するのではないでしょうか。

 

だとしたら。

なんの説明もなしに覚えた”ちいさい前へならえ”

けっこうその後のスポーツ人生を左右しているわけでして。

 

特にいわゆる先生というものに付かずに独学でスポーツをする身としては

ちょっぴり気になったりするところでもあります。

 

 

 

 

ちいさい前へならえの

ちいさな罪

 

Cocolog_oekaki_2009_07_12_12_15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

ライダーでも知っておきたい身体のこと。

ダンサーなら知っておきたい『からだ』のこと

大修館書店 発行    水村真由美 著

ISBN978-4-469-26672-6

帯に、『からだと運動』に興味をもつ人、すべてに贈る書。

と、あります。

本当にその通り。

ライダーにも通じます。

 

ときどき自分もブログに書いていますが、肩をゆるめて腕を長く使うことや、

動き、骨、筋肉などの図表つきで判りやすいです。

 

こういう情報は、いままでもっぱら医学的な専門書からしか得られなかった

ので、ひとつのスポーツを通して判りやすくかかれているのに

値段も1700円と破格に安いのです!!!!!

 

これは絶対嬉しい。

興味があったら是非手にとって見てください

                        

                                          にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

行って来ました!レディースイベント(^^9

行って来ましたレディースイベント!!

午前中から駆けつけたのですが、賑わいだしたのはお昼を少し過ぎた頃からでしょうか

チームマリの井形マリさん、ともさんもいらっしゃって、とても賑わっていました

Img_0232

 

いろいろお土産や差し入れを、わたしもご相伴

幸せぇ~なひと時を過ごしてしまいました。

Img_0212 このうさぎさんも手作りなんです!!

 

今日に限り女性は5%offということと、イベントということもアリ

普段は割引にならない商品や各メーカのウエアが格安になっていました。

ハーレーの引き起こし体験や公道試乗会もあり、カップルで来ていた方はタンデム試乗もOK皆さんそれぞれ楽しんでいらっしゃいました。

ワタシはお目当てのジャケットが無かったので、普段使いのジャケットを格安で一枚購入。

そして、これからの日差し対策にTMM特製のテンセルスーパーストレッチ製のネックチューブを

色々な色があって悩んだのですが、綺麗なオーシャンブルーを購入。

 

着てみた姿はちょっと軍隊風!?

Img_0273

 

おばちゃんなので花粉サングラス装着。

カメラはわんこ(長女)撮影。

 

バイク仲間と、バイクに乗らないところで会うのって新鮮。

なんだかそれもまた楽しかったです

次回は皆さんも是非

                        

                                          にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

| | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

ナップス世田谷店deレディースイベント

リンク: マリリンネット - ナップス世田谷店 レディースイベントにてチームマリ出店 -.

今日明日と、ナップスの世田谷店でレディースイベントがあります

お世話になっている女性ライダーのライディングレッスンを行っているチームマリからも出展があるので、天胡も明日の日曜日に行って来る予定です

[ チームマリの出店内容 ]

① 2009年春夏 チームマリ新作ウエアの販売

  『新作インナー(TMバイクマーク入り・カラフルな春色6色)』も発表♪
②チームマリのライテク本の販売
③ チームマリのスクール案内 (スクール紹介DVDも放映予定)
④ 女性ライダーよろず相談コーナー (井形マリ・とも or インストラクター)
⑤ 井形マリ&とものサイン会 (両日共に 13:30~15:30)


店外のイベントスペースには、チームマリブースの他・・・


★レディース用品の取り扱いの主要企業が出店 ─ 09秋冬のウエアが勢ぞろい
  出店ブランド:スピリット(ゴールドウィン)/デグナー/クレバー/ダムトラックス/
          スオーミー/ロッソスタイルラボ/エンジェルハートetc・・・
★『ガールズバイカー』、『L-Bike』の撮影会
★ハーレーダビッドソン試乗会 (免許をお持ちの方)

 

と、なれば女性ライダーには是非オススメ。

普段、近くのショップではレディース物が少ないと思いますが、こちらの店舗はレディースコーナーがあるそうで、それも楽しみ。

 

新しいジャケットが欲しいぞ!!と意気込んでいるワタクシです。

はたしてお好みのジャケットは見つかるか否か!?

 

                        

                                          にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

| | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

東京モーターサイクルショーに行ってきました。

今年も東京モーターサイクルショーに行ってきました。

ぐるぐると、いろいろなブースを回って楽しんできました~

綺麗なお姉さんもたくさんいて、子供たちも楽しんだ様子です

Img_0155_3      

                                  Img_0146 

Img_0154

Img_0145 Img_0143 

                                         Img_0142

今回はなんだかこんなバイク達に目が行ってしまいました。

なんだか生き物っぽいなぁ…なんて。 

 

旦那のカメラには旧車ばかり写っている様子で、好みの分かれる結果。

新しいバイクが無い!なんて言っていましたが、なんだかんだ楽しんでいたようです

 

日曜日に出かけた為、結構お子さん連れも多く賑わっていましたが、 

今年は仮面ライダーの展示がなくてちょっぴり残念。

どちらかというと最近のエコブームに則ったのか、そんな展示を多く見かけた気がします。

 

また来年も行きたいぞ!!と今は集めたカタログを手に思い出にひたっているのでした

 

                        

                                          にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

| | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

練習走行後に思い出したいこと。

ライディングの練習をした後って、何かが掴めた気分の時には特に。

なんだか成長した~~って充実感と、

走りが変った~~~って気がして、楽しくて嬉しくて。

 

帰り道、どうしても、ついついペースが上がりがち。

  

そんな時に、思い出して欲しいことをひとつ。 

  

 

練習するコースは殆どがクローズドコース。

練習の為に閉鎖された、他から妨害を受ける恐れの少ない空間。

 

そして帰り道、今走っているのはオープンコース。

誰もが移動のために使っている、

いつ なにが起こるのか分からない、想像以外の事態も起こりうる空間。

 

ライディング技術が向上すればするほど、

この差を改めて意識していないといけないと思うのです。

 

なぜならば、

クローズドコースでは(無意識に…ではありますが)コースを見ないで走る技術が求められているから。

 

そして、オープンコースである公道でも、何事も無ければ練習コースと同じように走ったほうが速く・上手に走っているように錯覚してしまうから。

 

でも

 

本当はそれらふたつは異なった空間であり、

安全の為に、オープンコース(公道)では必ず自分の目で確認して走る技術を意識することが必要とされています。

  

 

見ないという技術。見るという技術。

練習走行の後に、ほっとひと息ついて帰路につく前に、

そういえば、あんな話をどっかで読んだけど、どういう意味なのかな?と、

ちょっぴりアクセルを緩めていただけると嬉しい。。。です                         

                                          にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

 

見ない技術、見る技術…の話はまた次回。良かったら見にいらしてください~なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

Z750S オーリンズそのいち

リアサスにオーリンズを付けてもらいました。

そこで改めてポジションからノーマルに戻して。。。と、思い

突き出しを元通りに、面いちに戻しました。

正直、今までは走るというより移動手段状態でしたし

まだ通勤にしか使えていない現在、ちょっともったいないですが、

これからスポーツ走行もゆっくりと楽しんで行こうと思っています。

 

 

走り始めの第一印象は。

『脚が還ってきた。』

 

以前に乗っていたCBR600もサスペンションはオーリンズ。

う~ん。やっぱり好きです。この感触。

ノーマルのリアサスが、自分にとって固すぎるのは自覚していたのですが、

正直こんなに違うのかと驚いています。

なんだかオーガニックで本当に『脚』という表現がぴったり。

ちなみに、調節は

伸び側減衰力、圧側減衰力にハイ・ローのスピード別調節が付いていて、

このタイプは初めて

プリロードが機械式なのが、めんどくさがり時間の少ない自分にはちょっと課題

それでも、これからの調節が楽しみなのです

 

写真はまた後日アップします…                         

                                          にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

 

 

| | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

Z750リアサス買っちゃった(^^)

リンク: Öhlins Racing AB.

どきどき☆ついに買ってしまいました

金色の脚。オーリンズ。

 

今晩届きます!ということで、とても期待しています。

車高調整なんかは付いていないそうですが、それでも以前のマシンに付けたときの感動が忘れられず。

 

お父ちゃんのオネダリを逆手にとり、自分の分も発注させてしまいました

待つこと3週間。

昨夜、今日入荷するよとの連絡が!!!

唯一残念なのは、その取り付けを自分で見ることができないこと。

ママライダーはお家でじっとまつのです

 

でもでも。

ああ…。早く夜にならないかなぁ…                         

                                          にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

               

| | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

ライ・ラボ:ライダーの身体?

Photo_2 

アスリートも一般ライダーも主婦も、みんな人間です

 

動作の正確性や俊敏さ、鍛え方によっての差はあれど、基本構造は同じですよね。

自分自身のもてる能力を発揮できたら、きっと結果はどうあれ満足ができると思っています。

 

例え能力が低くても全力100%出し切ること。

 

それができたら苦労しないと言われそうですがそれがワタシの理想です。

80%の力で楽勝を狙うのが理想と言った友人もいますが、それも美学。

目標はひとそれぞれで良いものですし

 

子供の頃から

 

身体がもう少し柔らかかったら 大きかったら 重たかったら 軽かったら

もう少し体力があれば

果ては 男だったらね。

 

そう云われてきて、自分でもそう思った時がありました。

結果、いろいろ模索して自分で出来ることを探してきたのですが。

今ではそうして工夫することが楽しくなってきて、

こうしていろいろ考えることを楽しんでる時間が好きです。

 

 

ライダーの身体も基本人間。

いま興味があるのは身体の使い方。

関節や筋肉の動きを知ると、身体能力の低いわたしでも楽に動けることを実感してから、とっても気になっています。             

                                                

                                          にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

                          

 

イラスト参照:アイリス・アイリスの作業現場 

 

 

 

 

 

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧