« ライラボ:ライディングフォーム | トップページ | 東京モーターサイクルショーに行ってきました。 »

2009年3月26日 (木)

練習走行後に思い出したいこと。

ライディングの練習をした後って、何かが掴めた気分の時には特に。

なんだか成長した~~って充実感と、

走りが変った~~~って気がして、楽しくて嬉しくて。

 

帰り道、どうしても、ついついペースが上がりがち。

  

そんな時に、思い出して欲しいことをひとつ。 

  

 

練習するコースは殆どがクローズドコース。

練習の為に閉鎖された、他から妨害を受ける恐れの少ない空間。

 

そして帰り道、今走っているのはオープンコース。

誰もが移動のために使っている、

いつ なにが起こるのか分からない、想像以外の事態も起こりうる空間。

 

ライディング技術が向上すればするほど、

この差を改めて意識していないといけないと思うのです。

 

なぜならば、

クローズドコースでは(無意識に…ではありますが)コースを見ないで走る技術が求められているから。

 

そして、オープンコースである公道でも、何事も無ければ練習コースと同じように走ったほうが速く・上手に走っているように錯覚してしまうから。

 

でも

 

本当はそれらふたつは異なった空間であり、

安全の為に、オープンコース(公道)では必ず自分の目で確認して走る技術を意識することが必要とされています。

  

 

見ないという技術。見るという技術。

練習走行の後に、ほっとひと息ついて帰路につく前に、

そういえば、あんな話をどっかで読んだけど、どういう意味なのかな?と、

ちょっぴりアクセルを緩めていただけると嬉しい。。。です                         

                                          にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

 

見ない技術、見る技術…の話はまた次回。良かったら見にいらしてください~なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« ライラボ:ライディングフォーム | トップページ | 東京モーターサイクルショーに行ってきました。 »

もっとママライダー」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 練習走行後に思い出したいこと。:

« ライラボ:ライディングフォーム | トップページ | 東京モーターサイクルショーに行ってきました。 »